SE転職キャッチ・アフター・リリース

エンジニアでも心労が積み重なると問題

SE転職キャッチ・アフター・リリース

TOP PAGE >エンジニアでも心労が積み重なると問題

□エンジニアでも心労が積み重なると問題

今の職場からエンジニア転職して苦痛から脱出したいと思っているけれど、生活や将来の不安から心の病にななることがあります。

一度、うつ病になってしまうと、数日間や数週間で治療を終えることがほぼ不可能な長期間を要するため、何より生計をたてる経済力の自信喪失の苦痛が最大になります。

新天地を求めて求職者としての立場になるSE転職活動期間に突入すると、目途をたてたようにはいかずにメンタルが行き詰まって、どうして生きてゆけばいいのか分からなくなる人がたくさんいます。次の職場の採用が決まるまで苦しんで待つのではなく、その苦しみにあるときに速やかに、専門の相談員に話をしましょう。

どういう部門でどんな業務を経験してきて、その結果、業務ではどういうも成果が得られることができたのかや、能力アップにつながったなどの記述を丁寧にすることで、人事の担当者の目にとまることで採用に1歩近づきます。
転職の履歴書が苦手だという人もいるはずです。


専門職に就く場合は、雇用の前提として必要な資格を持っていることなどと記載されていたり、暗黙の了解となっている求人もあり、免許などが必要となる専門職では、仕事で必要な資格をもっていることがとても有利になるということは当然でしょうね。
安心できる日々を過ごすなら、身分の安定したエンジニアがいいとずっと思っている人も多いのだと思います。実際の問題として、身分や待遇が安定しているという点では一番の選択肢は公務員エンジニア以外にはありません。確かに公務員は大多数の企業であるよりも安心できるといえますよね。

だから社会人として経験を積んだ方が中途枠で不安のないところで働きたいと思うこともあるでしょう。長時間労働が原因で辞めた時は「効率を重視した仕事がしたい」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「環境を変えることで自分を成長させたい」とすれば問題はないでしょう。エンジニア転職理由が否定的なものも表現によっては、プラスのイメージになります。

多くの場合、対象とする業界などはいたずらに広げずに転職活動を進めているはずですが、その仕事は自分が考えてるとおりなのか、各種の業界としてはどんなことを求めているのかということを分からないうちは不安かもしれませんね。

他のソフトハウスにSE転職をするなら時期としては一般的に、3月〜4月、9月〜10月だといわれていますが、新卒と一緒に研修や教育を効率的に行うことができ、SE転職者の教育への負担を軽くできることが多くのソフトハウスで上がる理由です。
プログラミングを変えるのにある資格が有利だと言われることも多々あるので、まず取得し、それから転職するのがいいかもしれません。
異なる職種に就きたいと思うのであればますます、経験値が低いことから言っても、他に志願している人達の方が有利になるので、その仕事をするのに役立つ資格を先に取得するとたぶんいいと言えます。

資格があれば絶対に採用されるわけでもないのです。


Copyright (C) 2014 SE転職キャッチ・アフター・リリース All Rights Reserved.
SE転職キャッチ・アフター・リリース
top