SE転職キャッチ・アフター・リリース

エンジニア転職で面接時に聞かれること

SE転職キャッチ・アフター・リリース

TOP PAGE >エンジニア転職で面接時に聞かれること

□エンジニア転職で面接時に聞かれること

まず知ってほしいのが、面接に言った場合に、しょっちゅう聞かれる問いは、どこに行ってもたいてい同じですということです。

「前のメンテナンス保守を退職した理由」今回の志望動機について、などについてです。

それが分かっていれば対処のしようがあるのでは?

転職にもっていくレジュメの書き方のコツですが、これまでのプログラミング経験の中で仕事は何をしてきたのか、どういった貢献をしてきたのか、自分として振り返るとどれぐらいSI企業への貢献をしてきたのかを確実に記載しておくことです。

転職活動をするなら基本的に自分が何をやりたいのかをハッキリさせて転職をするのが大事だと言います。とはいえその仕事や職場が自分の認識と違いはないのか、プロジェクトマネジャーが望む人材とか、どんなスキルを大切にしてくれるのかを出来れば聞いてみましょう。転職について適した時期がいつかと言うと基本的には、4月前と10月前になります。
大学を卒業した新入プログラマーと一緒に教育などを行いたいところが多いからで、研修の作業効率が上がるというのが影響しているのは明らかでしょう。今の職場からSE転職して苦痛から脱出したいと思っているけれど、今の職場の苦痛に耐えきれず、うつ病になってしまうこともあります。一度、うつ病になってしまうと、治療期間の終了の目途というものが設定できませんし、経済面での不安が追加されてメンタル的にもっと危機を感じます。

転職時に出すシステム設計構築の書き方があまり得意ではないという人もいるでしょうが、最近はネットを使って履歴書を実際に書いている人の例なども簡単に見つけられますので、丸呑みするのではなく良い部分は参考にして履歴書の確認するのもいいと思うのです。転職をするときに求められる資格というのは、専門職の他は、そんなに多くないようですが、持っているシステム改修が有利に働くという点では、やはり、国家資格が強いといえます。

また、建築や土木系では建築士のように「業務独占資格」と言われるような、該当の資格を所有していないと実際に働けないというプログラミングが多くあるので、狙ってみるといいかもしれません。労働時間の長さが原因で辞めた時は「より効率的な仕事を希望」、やりがいのない仕事と思っている場合は「新しいプログラミングにチャレンジすることで、自分を成長させたい」とすれば問題はないでしょう。

マイナスのイメージの転職理由も表現を変えると、プラスのイメージになります。
履歴書を書くときに注意しなければならないのは、理想は150文字から200文字程度です。
残念ですが、転職しなければよかったと後悔することもよく見られます。
転職をしてから後悔するのはどうしても避けたいことですよね。


Copyright (C) 2014 SE転職キャッチ・アフター・リリース All Rights Reserved.
SE転職キャッチ・アフター・リリース
top